日本文化人類学会公開シンポジウム
原子力マシーンとちっちゃいこえ
ー文化人類学者と詩人の対話ー
※対面のみで開催 一般公開・予約不要・参加費無料

時:  2022年12月4日 12時30分開場 13時開始 18時終了予定
場所: JMSアステールプラザ 中ホール
    広島県広島市中区加古町4-17

※当日の体温が37.5度以上の方は入場をお断りすることがありますのでご了承ください。
会場内では、マスクの着用をお願いしております。

趣旨:

日本文化人類学会では、広く人類学的な考え方を知ってもらうため、毎年、公開シンポジウムを開催しています。今回は、広島で原爆の問題を中心に考えます。被爆したのは人間だけではないし、広島と長崎だけでもありません。原爆をグローバルな「原子力マシーン」のなかで捉え直しながら、そこから漏れ出す人間や動物や植物たちの「ちっちゃいこえ」を聴きとり、それを表現することの意味について、詩人のアーサー・ビナード氏をゲストに迎え、詩的想像力と人類学的想像力の対話を通して探っていきます。

プログラム

第1部

13:00-13:05

挨拶 日本文化人類学会理事(伊藤 泰信)

13:05-13:30

研究報告
内山田康「フランスは偉大でポリネシアはちっぽけ」

13:30-14:20

絵本朗読
写真絵本『さがしています』より
作:アーサー・ビナード 写真:岡倉禎志 曲:高嶋 圭子
朗読:アーサー・ビナード  ピアノ:樋口 佳祐
「おはようございます」 ヴァイオリン:高旗 健次
「焼けこげた鉄瓶」   チェロ:阿曽沼 裕司
「いらっしゃいませ」  ヴィオラ:重森 玄貴

絵本『ドームがたり』
作:アーサー・ビナード 画:スズキコージ 曲:坪北
紗綾香 朗読:アーサー・ビナード  チェロ:阿曽沼
裕司 マリンバ:西村 安世 ピアノ:樋口 佳祐

14:20-15:15

対談
詩人アーサー・ビナードに聞く   聞き手:松嶋 健

15:15-15:25

休憩

第2部

15:25-16:30

研究報告    吉田真理子「海を耕す:瀬戸内海の再生、複数種の時間」
中村沙絵「からだのちっちゃいこえを聴いてきた水俣の臨床から」
箭内 匡「「植物人類学」とピカをめぐる経験」

16:30-16:55

被爆樹木楽器によるミニコンサート
曲:S. ラフマニノフ 三重奏曲第1番ト短調「悲しみの三重奏曲」(1892)
ヴァイオリン:高旗 健次 チェロ:阿曽沼  裕司 ピアノ:樋口 佳祐

16:55-17:05

休憩

第3部

17:05-17:30

紙芝居
『ちっちゃいこえ』
作:アーサー・ビナード  絵:丸木俊/丸木 位里『原爆の図』より
曲:中村 暢之
紙芝居:アーサー・ビナード ヴァイオリン:高旗健次 ピアノ:樋口 佳祐

17:30-18:30時頃

ディスカッション(登壇者全員)

エンディング  挨拶 広島大学平和センター長(川野 徳幸)

総合司会 中空萌

主催 日本文化人類学会
協力 広島大学平和センター、広島文化人類学プロジェクト研究センター(TAIHI)

問合せ先:

中四国人類学談話会事務局 E-mail:
chushikoku604@gmail.com

本シンポジウムは、JSPS科研費JP22HP0005の助成を受けたものです。

告知用チラシは下記からダウンロードできます。